タワーマンションからシェアハウスへお引っ越し!実況中継。

高級タワーマンションからシェアハウスに引っ越し!20代後半の男が初めてのシェアハウスの日々を実況中継します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入居の手続き。

paper_image.jpg

シェアハウスの入居プロセスってどうなっているの?
今迄、法人契約しか知らない僕は全くの無知でした。


世の中には大きく分けて2タイプのシェアハウスがあります。


整理軸によるけど、運営主体にフォーカスすると、、、
法人か個人か


法人とは、運営会社がしっかりあってシェアハウスを管理しているタイプ。
通常のアパートやマンマンションを借りるのと近いです。
手続きは、雇用先を証明する書類や身分証明書を用意して、”審査”があります。
とは言え、高級マンションなどを借りる時の審査に比べれば、なんてことないでしょう。


一方で、個人とは、大家さん(家主)がいて、自分の住んでいる家を又貸しするタイプ。
ルームシェアやハウスシェアです。
正直、ここは個人の信用が第一で、身分などは第二かと思います。
あくまで、大家さんの主観的な評価にマッチするかが大切。


で、今回僕が入居したシェアハウスは?


法人と個人の間に位置する珍しいタイプです。
どういうことかと言うと、一応家主一家が有限会社として運営しているわけだけど、その一家も”そこ”に住んでいて入居に関しては、あくまで個人の信頼関係に基づくもので、身分証明など一切必要なし。


【入居までの3ステップ】
1月上旬:内見申込(当日は面接っぽいのが少々)
1月中旬:入居申込(口頭で資料など一切なし)
1月下旬:入居


【入居日の】
①簡単なガイダンス(施設利用など)
②書類を渡される(契約書・家賃口座・緊急連絡など)
③自分の部屋へGO


ここまでシンプルでいいのか?
と思うくらいシンプルでした。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。